今後、認知症高齢者を支えていく世代が知っておくべきこと~介護の実情と認知症後の財産管理対策

むさし介護アカデミー wrote

<第一部>

認知症高齢者を取り巻く現状~介護医療の現場から実情を聴く~

講師:高浜将之

・「介護医療費ってどれくらいかかるの?」

・「認知症在宅介護で注意すべき点は?」

 

<第二部>

認知症になると資産凍結??~家族信託の初級編 実例紹介~

講師:上木拓郎

・「ご両親が重度の認知症になってしまうと」

預金の引き出しができなくなる!/自宅を売却し介護付き有料老人ホームに入所できなくなる?/自宅のリフォームがスムーズにできなくなる?/相続税対策ができなくなる?

・「『家族信託』で上記の問題を解決できる?


日時:5月25日(土)14:00~16:00(13:30受付開始)
定員:18名

料金:無料(参加者全員に「無料相談チケット」贈呈)

※当日、先着2名にその場で無料相談をお受けしますので、受付にお申し付けください。

 

講師:高浜将之

医療法人つくし会(国立市)の介護統括責任者である高浜氏。地域連携型認知症疾患医療センターである新田クリニック、高齢者複合施設のがわ・やがわなどを運営し、地域の認知症に関する課題解決を行っています。

講師:上木拓郎

平成16年一橋大学 社会学部卒業、都内の司法書士事務所を経て平成22年司法書士事務所を設立開設。平成23年一般社団法人家族えんまん相続協会の理事に就任「親族を永続に」をモットーに両親の認知症発症後から相続発生以降も、家族関係が円満になるようサポートに全力を尽す!

 

主催:一般社団法人家族えんまん相談協会/むさし介護アカデミー

 

 

ページトップへ戻る