●お知らせ●認知症の方が安心して暮らせるまちづくりin国分寺

更新

むさし介護アカデミー
主催企画

むさし介護アカデミー wrote

地元で産まれた料理店【あったまるっとbunji】
〜注文をまちがえる料理店スピンオフイベント〜

「仕事がしたい」「仕事をし続けたい」
認知症という状態にある方に対して、その願いを実現できる社会的環境はまだ未成熟です。
認知症になっても周りの理解があれば、生きがいを持って生きていくことが出来るのです。

今回、認知症の方がウェイターとして働く料理店「あったまるっとbunji」を期間限定で開催します。

私たちは、注文をまちがえることがあったとしても「ま、いいか」と想い合える料理店の活動を通じて、国が進める・国民が願う「認知症になっても安心して暮らせる社会」の可能性を探しています。
地域に住む市民の皆さんに、今回のイベントに参加して頂くことで、共にその可能性を見い出し、認知症への理解を広げていければと願っています。

 

▼注文を間違える料理店のイメージ動画
https://youtu.be/ZAZCveIj-Pg
https://youtu.be/53OsFnNDAFw

 

 

「ボケちゃって何もできなくなった」

「生きていても仕方ない」

「早くお迎え来ないかなぁ」

介護職をやっていたら一度は聞く言葉ではないでしょうか。

私もなんども聞いたことがあります。

「そんなことないですよ」

「私はすごーく頼りにしています!!」

励ましにならないこんな言葉を言うしかできず・・・

どうやったら元気が出るかな??と思っていました。

いろんな答えはあるけれど、

一つ、間違いない答えはあります。

「人の役に立つ」

「何か役割を持つ」

これって、生きがいに繋がりますよね!!

 

認知症の方が生きがいを持って、安心して暮らせるまちにしたい。

そんな私達の思いから作ったイベント、

あったまるっと!

是非参加して欲しいです!!

 

予約が必要なので、行きたーいいう方はご連絡ください❤️