初任者研修〜整容〜in国分寺

更新

介護職員初任者研修

むさし介護アカデミー wrote

本日は初任者研修月木曜日コース、9日目

整容の授業です( ´ ▽ ` )

 

整容の授業では、衣服の着脱だけではなく、化粧や爪切り、髭剃りなどといった身だしなみを行う意味について、顔を拭く介助方法も学びます🎶

 

 

まずは、座っている方に対しての、上衣の着脱、下衣の着脱を介助方法学びました。

利用者様は、左麻痺がある方を想定しています!

 

昔の介護だと、全部手伝ってさしあげるのが正しい介護だとされていました。

でも、今の介護は違います^ ^

 

できることはやって頂き、できないところをサポートさせて頂くんです✨

 

左麻痺がある方でも、右手は動くことができるかもしれません。右手で服の裾を引っ張ることができたり、肘を曲げて袖から腕を抜くこともできるかもしれません。

 

その方のできることを、探して見つけ出すのが、私たちが介護職員の仕事です❤️

 

 

ベッドへ横になった方への、上衣の着脱、下衣の着脱の介助方法も学びました。

背中側にしわを作ってしまうと、それが原因で褥瘡になってしまうかもしれません。

必ず服のしわ、シーツのしわがないようにしましょう!

 

 

整容の授業で一番大切なこと!

脱健着患(ダッケンチャッカン)という言葉です✨

 

脱ぐときは、健康な方から。

着るときは、麻痺側の方から。

 

明日から現場で活かしてくださいませ❤️