介護職員初任者研修第3期開講!in国分寺

更新

むさし介護アカデミー
介護職員初任者研修

むさし介護アカデミー wrote

本日から、介護職員初任者研修(火金・週2回コース)が始まりました(^o^)

本講座の受講生さんは、府中市、国立市、清瀬市、西東京市、東久留米市、国分寺市、東村山市、小平市、八王子市、練馬区、川崎市からいらっしゃっています。

 

介護の仕事について、DVDも見て学びました。

 

介護の具体的な業務内容や、介護保険のサービスの詳細についてなど
まずは基本的なことから習います。

 

グループワークです。

皆さん熱心に取り組んでいらっしゃいました!
少しずつ緊張がほぐれてきたようです(^_^)

 

提携をしている株式会社ホームコム代表取締役 赤星良平様に来ていただき、お話を伺いました。

”介護の仕事をしていると「よくやるよね」「大変だよね」と言われることがあります。

これが世間が介護に対するイメージなのです。

オムツ替え、入浴、食事介助を介護だと思われることが多々ありますが、介護の仕事のうち、これらの介助はほんの一部です。

それ以外の他の大切な仕事が世間一般に知られていません。
利用者様のこれまで生きてこられた背景や、将来こうなりたいという思いを聞き取り、それを踏まえてどう支援していくか、これがやりがいにも繋がります。

そのことを世間にまだ知られていないことが問題だと思います。

目の前の利用者様を大切にしてください。

その方の残された人生をより有意義な人生になるように介護をしてください。

この業界に入って20年いて突き詰めて来た介護とは、結局は「地域づくり、まちづくり」だと思います。
地域のため、人のために頑張れる。
地元だからことわかる困りごとや熱い思いがあります。
駅前にチェーン店の居酒屋しかない。商店街にコンビニしかない。これではつまらないですよね?
地域に必要な事業所はとてもやりがいがあります。
生まれ育ったまち、所縁があるまちでは本当に良い仕事ができます。より介護が楽しくなると思います。”

 

熱く、熱く語って頂きました!!
赤星さん、ありがとうございました!

 

地域を巻き込んだデイサービス!
赤星さんが運営されている事業所、アルゴ参番館さんが新聞にも掲載されてました!!

今日は9時半から17時半まで、お疲れ様でした!
受講された皆さん、今日はゆっくり休んでください^ ^
まだ金曜日お会いしましょう!